転職活動を行う際の情報収集について

転職活動を行う際の情報収集について

 現在の勤務先から転職活動を行うには、多くの情報収集や積極的な行動が求められると思います。中には、企業様側からスカウトをいただくケースや知人の紹介で再就職出来るケースもあるかと思いますが、自分からある企業様に応募をして面接→内定→就業といった、一般的な転職活動を進めるためのポイントを挙げたいと思います。

 

まず、自分のこれまでの実績や経歴で次の転職先で何ができるかを自己分析する

 中途採用は新卒採用とは違い、即戦力が求められることが多いと思います。まだ転職希望者が20代前半の方なら教育や実務経験をほぼ一から学べる環境に転職できるケースがあるかもしれませんが、20代後半、30代・・・と年齢が高くなるにつれて即戦力として再就職先では活躍が求められることになります。これまでの実務経験や取得している資格で、自分が次の勤務先で何ができるか、どんなことなら即戦力として働けるかを、良く思い返してみたほうが良いと思われます。

 

転職活動をスムーズにするために情報収集を積極的に行う

 現在では、公共機関のハローワーク以外に民間で転職先を紹介してもらえる会社は沢山あります。具体的には、インターネットの求人サイトを運営している会社や、「エージェント」と呼ばれる人材紹介会社に登録をして、自分の職歴や希望にマッチした求人を紹介してもらう方法などもありますので、その中で自分にあった情報が得られると思う求人サイト、エージェントなどに登録をして、情報収集を積極的に行うことが再就職の早道ではないかと考えられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ