採用を勝ち取るには採用担当者の立場で考える

採用を勝ち取るには採用担当者の立場で考える

採用担当者はどう思うかを考える

 転職を成功させるには、いかに採用担当者に認めてもらうかが重要です。たとえ転職希望者がどれほど優秀であったとしても、採用担当者がそう思わなければ絶対に採用されることは無いのです。そのためには採用担当者がどう思うかを常に考える姿勢を持ちましょう。

 

採用担当者は何を求めているか

 採用担当者の考えを見抜くには、応募者の側も人間観察力を持たなければいけません。面接という短いやり取りの中で、そうした力を発揮して採用担当者の考えを理解するようにしましょう。例えば、人を管理する人材を求めているときに、いくらプレイヤーとしてのスキルを語っても相手にはまったく響かないのです。そうした場合はむしろ管理職経験や人の上に立った経験をアピールするべきなのです。

 

人間観察力の身につけ方

 人間観察力は一朝一夕で身につくものではありません。ですから、普段から意識して人の輪に入り、相手を理解するように努めるべきです。ですが、面接まで間がないこともあるでしょう。そんなときには面接に集中して面接担当者の言動をしっかり聞いていれば、相手の思っていることもある程度理解できるようになると思います。また、面接の場数をふむことも有効です。


ホーム RSS購読 サイトマップ