入社前にチェックすべきポイント

入社前にチェックすべきポイント

面接時にチェックしておきたいこと

 

 40歳での転職は、入社後に失敗に気づいても、リカバーするのが難しい現実があります。だからこそ、面接時には自分が選考されるだけでなく、自分にとって働き心地の良い職場かどうかを、きちんと見極める必要があります。

 

 そのため、面接時に企業に訪れた際、自分の志向性とマッチするかどうかを、きちんと観察し、確かめることを意識してください。

 

 社内ですれ違う社員の表情や、面接官が仕事にしている価値観を知ることで、おおよその予測ができるはずです。

 

入社を承諾する前にチェックしておきたいこと

 

 内定の連絡がきたら、真っ先にすべきことは、勤務条件の確認です。これは労働基準法で定められていることで、企業は雇用者に対し、勤務条件を書面で明示しなければなりません。

 

 求人票や面接時に聞いてきた内容と相違ないかどうか、書面できちんと確認してください。また、勤務条件について交渉するなら、ここが最後のチャンスです。

 

 双方納得したうえで、入社を承諾することで、入社後のミスマッチを軽減できるはずです。可能であれば返答の前に職場見学なども行い、仕事をする環境が合うかどうかも、きちんと確認しておくことをおすすめします。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ