まず計画を練る

まず計画を練る

転職の目的を明確にする

 

 40歳での転職は、その後の自分のキャリアを決定づける、重要な分岐点です。定年の引き上げを想定し、自分が長く働き続けることのできる職場を探すという視点も、大事にしなければなりません。

 

 そのため、転職の目的を明確にする必要があるのです。いずれ経営に携わりたいなど、キャリアアップを重視するひとと、働き心地のよい職場で長く仕事がしたいひとと、ワークライフバランスをとれる働き方を目指すひとでは、転職活動の進め方が異なります。

 

 まず、自分のキャリアビジョンを見直し、自分なりの転職の目的を定めることから始めましょう。

 

目的を果たすための計画をたてる

 

 転職の目的が明確になったら、それを実現するための計画をたてます。まず、自分が内定を得る目標日を設定します。40歳の求職者の場合、求人探しから内定を得るまでの平均期間は3〜6カ月と言われていますので、まずはそれを目標に設定してみましょう。

 

 そのうえで、自分が求人探しや企業研究、応募書類の作成、面接のプロセスに、どの程度の時間が必要かを算出し、スケジュールに落としていきます。応募や面接、内定連絡の時期をどの程度重ねるかも、考慮することをおすすめします。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ