在職中に行う転職活動には、これだけのメリットがあるんです

在職中に行う転職活動には、これだけのメリットがあるんです

意志・方向性・お金の確認が徹底される転職のやり方は?

 

 転職のやり方というかタイミング、これを大きくふたつに分ければ、在職中の活動か退職後の活動かとなるでしょう。

 

 このうち、自分の意志の確認と構築を進めながら活動できるのは、在職中です。転職活動を進めるうちに、「私はこれがやりたい」、「こんな業種・職種・企業で働きたい」と意志が固まってくるものですが、退職をしてしまうと、その意志の変化によって転職期間が延びた時に、その意志を反映できないまま転職せざるをえない状況も生まれてきてしまうかもしれません。

 

 転職活動は実際に始めるとその現実や自らの市場価値というものが把握でき、それによって方向性が変わることがあります。変えざるを得ないこともあるでしょう。これもやはり在職中に活動を始めなければ、その方向性が定まる前に転職せざるを得ない状況が生まれる可能性が出てくるでしょう。

 

 意志や方向性が定まらず、あるいは反映されないままに転職せざるを得なくなる理由、それは経済的に厳しくなることが多いからです。退職後に転職活動を行うことでこうしたお金の心配が出てくるため、意志や方向性を無視しなければならないリスクが生まれるのです。

 

 在職中に少しずつ活動を進めていけば、こうしたリスクはかなり減らすことができるでしょう。

 

在職中はモチベーションが低下する?

 

 在職中の転職活動は、仕事と活動を平行して行うため、どうしてもモチベーションが維持できない。そんな声もしばしば聞こえてきますが、これはそうとは限らないでしょう。

 

 想像してみてください。仕事を全くせずに転職活動を行う。これで本当に最後までモチベーションを維持することができるでしょうか。「もっと良い企業があるはずだ」、「さらに上を目指してみよう」、「企業研究が足りないかもしれない」といった感情・感覚はモチベーションがあってこそ生まれるもの。

 

 退職後に転職活動を行うことで経済的に苦しくなる、仕事をしていない事実に不安になるなどすれば、こうしたモチベーションは一気に下がってしまうはず。モチベーションの維持という観点から見た時にも、在職中の転職の方に利があるのかもしれません。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ