40歳からの転職の成功者とは

40歳からの転職ガイド|成功する人物とは


リクナビNEXT[転職者の力強い味方!]
詳細
★★★★★
数多くの転職成功者を生み出してきた定番転職サイト。無料会員登録のみが利用できるさまざまな便利な機能が転職活動を強力にバックアップ。

 

1.40歳からの転職事情

 長い不景気の間は、40歳以降のビジネスマンはリストラの対象とされることが多かったはずです。
 ですが、ようやく業績が回復し始めた企業は、これまで控えていた未来への投資を始め、その事業運営を担うミドル世代の欠如を埋める努力を始めました。
 つまり、40歳以降の採用を積極的に始めたということです。
 2014年は、ありとああらゆる業界で中途採用が活発化されており、ことに「課長クラス」「部長・次長クラス」「主任・係長クラス」を担える、40歳以上の転職が活況です。
 キャリアアップを目指す転職を実現したい40代にとって、絶好のチャンスが到来しました。
 このタイミングを逃さないためにも、しっかりとした情報収集と事前準備を行ってください。

 

 

2.40歳以上が持つとされる強み

 なぜ、いま40歳以上のミドル世代に注目が集まっているかというと、企業が管理職の採用に積極的だからです。
 40歳以上のミドル世代は、特定の業界や職種の専門スキルを持っているスペシャリストであるだけでなく、役職の有無を問わず、後輩や新人の育成の経験を持っているものです。
 キャリアを通して培ったノウハウを活かして、組織やシステムを変革したり、社内外の異なる利害関係を持つひとたちを調整したり、自ら課題点を見つけて改善のための方法を考え、行動できるのは、キャリアを積んだミドル世代の強みです。
 ことにエグゼクティブクラスの求人では、経営陣と一般社員の二層以上のマネジメントができる能力を求められます。
 そうした多彩な企業ニーズに応え、自ら成果をあげるだけでなく、実績があがる組織作りを行えるからこそ、40歳以上のキャリアアップ転職が実現できるのです。
 自分のキャリアを振り返り、自分の強みを確認したうえで、採用後、どのように企業に貢献していきたいかを、具体的に考えてみてください。
 そのプロセスが、応募書類や面接応対にきっと活かされるはずです。

 

 

3.転職に成功する秘訣とは

 40歳以上で転職に成功するひとには、共通点があります。
 それは、経験の有無に関わらず、管理職として激務に身を投じる覚悟があることです。
 景気が回復したことで、40歳以上の求人が増えているのは、一般社員を抱えるためではありません。
 将来、安定した業績を出せる事業を確立するために、いま必要な成果を出しつつ、企業で薄いとされるロスジェネ世代の管理職養成を担えるのが、40歳以上のミドル世代だと考えているからです。
 つまり、責任を持って管理職を担う覚悟がなければ、採用されることはないのです。
 そして、優良な求人には、応募が殺到します。
 その中で勝ち抜くためには、自分が持つ能力と意欲が、いかに応募企業にマッチするかを、説得力を持ってプレゼンできる能力が必要です。
 自分を客観視して、企業の隠れたニーズをリサーチできるか否かが、明暗を分けるポイントになるでしょう。

 

 

4.なぜいま、転職サイトなのか

 かつては、転職サイトで検索をかけても、ミドル世代が応募できる求人はそれほどありませんでした。
 ですが、時流もあって、近年はハイクラスやエグゼクティブクラスを専門に扱う、転職サイトも増えてきています。
 当然、年収も高く、条件もよい求人が多いのですが、責任も重く、それなりのキャリアを積んだ、管理職あるいは役員を募集するものばかりです。
 こうした転職サイトを活用することで、40歳以上でもキャリアアップ転職が見込めます。
 一方、通常の転職サイトでも、ミドル世代が応募可能な求人が増加傾向にあります。
 法規制で年齢制限が不可になったこともありますが、ミドル世代は足りない分野の補充募集であることが多く、求人の開示から採用までのスパンが短いことが多々あります。
 そうしたスピードにいち早く対応してくれるのが、転職サイトなのです。
 中高年向けのコンテンツも充実度がアップしていますので、迷わず活用するようにしてみてください。

 

 

5.転職サイトを活用した成功例

 40歳を超えての転職はリスクも大きいので、在職しながら活動すると決めていました。転職サイトなら、事前に職務経歴などのレジュメを作成しておけば、新着情報の中に応募したい企業を見つけたときに、すぐに応募することができるので、とても便利でした。社内で中核を担うミドル世代は、時間が自由にならないことも多いので、効率的に情報収集ができる転職サイトは、おすすめです。(42歳・女性)

 

 希望条件に合った求人が定期的に送られてきたり、場合によっては企業からスカウトされることも、転職サイトのメリットです。
 活用することで、自分の選択肢を広げましょう。

 

 転職するからには、いまよりレベルアップしたいと考えていた。管理職経験は浅かったが、思い切ってハイクラス求人に応募。これまでの経験を活かし、応募企業でどんなふうに働きたいかを熱弁して、内定をいただいた。そのノウハウのほとんどが、転職サイトのコンテンツによるもの。本当に感謝している。(40歳・男性)

 

 ミドル世代の転職活動は、若いころとは勝手が違います。
 長くなりがちな職務経歴書をコンパクトにまとめる方法や、自己PR文の作り方など、即実践できるノウハウがたくさんあるので、目を通して、取り入れられるものは何でも取り入れてください。

 

 

6.40歳からの転職で目指すこと

 あなたが40歳からの転職で、目指していることは何ですか?
 現状の職場や仕事への不満が原因なら、満足のいく転職は難しいのは、不景気を脱却しつつあるいまも、変わりません。
 景気回復が見込めるいまなら、キャリアアップ転職が可能です。
 40代はプレイングマネジャーを望まれるケースが多いので、転職でさらに忙しくなる可能性がありますが、そこにはやりがいがついてきます。
 自分が目指すキャリアの集大成に向けて、いま足りないこと、自分を成長させるためにできることという観点で、求人を探してみてください。
 一時年収が下がっても、後で大きなリターンがある仕事も、たくさんあります。
 ベンチャー企業や新興企業ほど、ミドル世代のノウハウを欲していますので、自分に価値づけして、より好条件を引き出せる転職はどれかを、しっかり見極めてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ